セックスは健康のバロメーター
セックスは健康のバロメーター





---- 人生80年といわれている現代、
             情熱を失わない健康法が必要です。 ----


男性ホルモンの減少は、性欲中枢への刺激量を減少します。
このため、大脳では性的なものごとを理解し楽しむのですが、性欲がなかなか湧きおこらず、ようやく湧き おこっても脊髄への連絡が悪く、このため性生活の回数は激減します。
40代、50代は15日に1回か30日に1回、60代は、1カ月か2カ月に1回、70代、80代は3カ月にl回か、あるいはまったくなくなってしまいます。勃起に時間がかかり、ようやく膨張しても、腹部の血液が陰茎へ移行する量が減り、硬度が以前より低下するため性の衰退を感じるのです。
性欲の主体をなすのは男性ホルモンですが中年の肉体的老化現象も性欲に影響をおよぼします。
仕事や生活にエネルギーを使うと、もう性生活などどうでもよいと、大脳で感じる異性へのあこがれや性的興味も薄れがち。
こんな状況も、性欲の減退に拍車をかけることになります。
また、中年以降の内臓の衰えが、性行動の持続力や集中力を減らす結果にもなっています。
射精が早くなったり、射精できなくなって勃起したのもつかの間、性行動中に萎縮したり、60代、70代になるとまったく性的な反応がおきない性不能の状態もおこってきます。
人生80年といわれている現代。仕組みとして一生存在する性欲を、年相応に楽しむのも生き甲斐のひとつ。
自分自身の若さを感じ、毎日の生活に希望と喜びを見いだすことが必要です。
生理作用で明白に衰えがあるのなら、これを元気づけ、情熱を取り戻す健康法こそ男性の若がえりにはぜひとも必要なもの。
あらゆる男性に、強精法は絶対に欠かせません。


   セックスのメカニズム
   セックスのすれ違い
   セックス = 健康のバロメーター
   男性と女性のハーモニー
車中に充満するヒトフェロモンで
狙った彼女はいただきです

ヒトフェロモン入りカー芳香剤【ミラクルラブ】【艶くらぶ】

ナガエ薬局