● 薬用人参・・多岐にわたる効果
高麗人参、朝鮮人参、御種人参、田七人参、三七人参、竹節人参、紅参 、白参

薬用人参の効果

 薬用人参の効果の総括 
 薬用人参は正に薬用植物の王様と言っていい健康食品の代表です。
その効果を簡単にまとめることはできませんが、数多くの文献を見ていえる事・・・それは「血流を良くして新陳代謝を良くし身体を基から健康にする」ということではないかと思われます。
もとより、人間は脳のボケや、肝臓・腎臓などの内臓疾患、循環器疾患・・その病気のおおもとにあるのは、その臓器への血液循環の低下が密接に関係しています。
薬用人参の広い効果というのは、おそらくそのことと大きな関係があると思えます。
例えば糖尿病を例にとっても、胃の疾患を考えても、ボケを考えても、「薬用人参が血流を良くして新陳代謝を良くする」ということを考えれば、効果があがっていることが矛盾なく説明できます。
また、「人参は血圧を上げるから血圧が高い人は避けたほうがいい」というのは間違いです。
多くの薬用人参の臨床結果からみると、血圧の高い人がさらに上がるというデータより、むしろ血圧が下がったり、安定化するデータのほうが多く報告されています。
薬用人参は血圧に対しては「中立的」と考えるのが正しいのではないかと思います。


Index
人参の種類と解説 (高麗人参、朝鮮人参、御種人参、・・・)
人参の薬効成分
人参の薬理作用 (血行・循環器、精神作用、糖代謝、胃潰瘍、免疫力・・・)
  薬理作用の文献   文献 1 文献2 文献 3
            上記の文献が示す薬用人参の効果
漢方医方書と薬用人参
市販されている薬用人参・紅参